toggle
三鷹市調布市でエクステリアリフォームならヨウショウへ
2016-10-13

スレート瓦 パミールという粗悪品

みなさん こんにちは。
三鷹市の外装+エクステリア・リフォーム店ヨウショウです。

今日もみたか住まいのご用聞きとして、
Life(人生)を楽しんでいます。

屋根かべマイスター(屋根・外壁のリフォーム専門サイト)が
今秋リニューアルしました。ぜひご覧ください。

屋根外壁専門サイトへGO!

外装やエクステリアの事、三鷹のヨウショウまでお気軽にご相談を!

今日は施工事例の紹介ではなく、よくあるお悩みの話題です。
当店では屋根の修理や葺き替えをよくご依頼頂くのですが、

ある時期(10~12年前くらい)に特定したスレート瓦材が、
経年した今になって問題が噴出し、紛争の種になるケースが目立ちます。

ここ最近は、頻繁にこの件で相談を受けるのですが、
もったいぶらずにいうと『パミール』という商品名のスレート瓦屋根です。

ここではメーカー名は控えさせて頂きますが、メーカーの保証期間はとうに過ぎて
から、施工後幾年も経ってから、この製品に問題が発見され、苦情があるようです。

Yahoo知恵袋なんかを読んでみると、
中には裁判にも発展するケースもあるそうで、

特に弊社のある三鷹市や調布市は、もともと畑だったところに、
宅地開拓され、建売住宅が大量に建築されたケースが多く、

多いところでは50棟とか建っているのですが、
場合によってはその建売群すべてがこの屋根を仕様していることもあり、
大変な問題になっています。

『長年のローンを組んで購入したマイホームの屋根が不良品だっただと!』

この怒りをビルダーにぶつけても10年を経過した家には瑕疵保険も効かず、

『メーカーの方で不良品としてリコールさせてくれと!』と叫んでも、

保証の対象外です・・・とメーカーからつっぱりが返ってくる。

『このやり場のない怒りはどうすれば良いのか』

そんな興奮冷めやらぬ思いで、相談を受けるパターンも多いと思います。

具体的にどんな症状がでるかというと、

img_3908

> 塗装面の剥がれ・・がありますね。

img_3909

> まだ被害は甚大ではありませんが・・

img_3910

スレート瓦の表面がミルフィーユのようにめくれてしまう
明らかな製品不良、時間を経てどんどんめくられるので、
雨漏りの原因になります。

こうなると、いくら屋根を塗装しても、時間が経てば剥がれます。
この状態で業者さんに塗装を薦められたら絶対に断ってください。

本当にお金をどぶに捨てることになりますから。

誰も責任をとってくれないこの状況、
やるせない気持ち、やり場のない怒り・・

『でも修理は必須だし・・』

こんな状況にある方おられますか?

三鷹市・調布市で屋根・外壁のリフォームなら、屋根かべマイスターヨウショウまでご相談を!
屋根外壁専門サイトへGO!

三鷹市・調布市近郊で、エクステリア・リフォームをご検討している方へ

「近くの業者だから対応が早い!小さなことも気軽に頼める」

とご近隣にご評価をいただいている三鷹リフォームのヨウショウにぜひご相談ください。

三鷹・調布の住まいのご用聞きはあなたの”Life”を応援します。

メールでの無料相談受付中!

お問い合わせは今すぐこちらをクリック!

ご相談はフリーダイアルへどうぞ
0120922670


関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。